父の借金を返すという以外に

今、不動産の財産、どれくらい価値があって、担保貸付が出来るのでしょうか。
父の名義で、財産を引き受けず、自分の金を父に渡して、いざ、父に何かあった時に、財産放棄するのも手でしょう。
元々、めちゃくちゃな自己破産がなければ、そんなこともなかったのでづが、私は、今自分の財産を持てません。
ただ、破産してもタンス預金って、分からないとは、銀行員さんも言っていました。

ではとなると、実際、担保貸付は、いざとなると、担保が持ってかれるので、借りられないのは、破産者くらいです。
とりあえず、210のマンションを父名義で買ってみましょうか。

あるだけの金で、父が借金だらけであっても、現金は私に残るのです。
マンション2つ、貸付100は、残って、後は人に貸すなり、これって、良くも悪くもですね。
一番いいのは、父の借金を返し、相続を私にしてしまうことです。
この前、冗談で、生命保険って言ったら、少しその場が、凍りつきました。
ブラックジョークも程があります。気をつけます。

xn--n9j142gmrdd55e3fcque.xyz

任天堂さん、ミニファミコン再生産希望!

遅ればせながら任天堂のミニファミコンが欲しい!

私はゲームには全く興味がないタイプなので、ミニファミコンなるものが販売されたことも知りませんでした。
ところが、ゴールデンウィークに実家に帰ったところ、弟がミニファミコン持参で帰省していて、ミニファミコンの存在を知ったのです。

このミニファミコン、ミニというだけあって、フォルムやカラーは懐かしのファミコンなのに、まさかの手のひらサイズ!
ということは「カセットもミニなのか!?」と驚いていたら、ノーカセットでゲームは内蔵されているというので更に驚き!
しかも、内臓されているゲームは、ドンキーコング、イーアルカンフー、スーパーマリオなどなど、昭和に子供時代を過ごした私には本当に懐かしいものばかり。

ゴールデンウィーク中は、家族で「懐かしい」を連発しながらミニファミコンを楽しみました。
笑えたのが、夜中にトイレに起きたところ、高齢者と呼ばれる年齢になった父がスーパーマリオを一人でやっていたこと。
「眠れないから一人で遊んでた」と言っていましたが、夜中なら一人で思い切り遊べると思ったにちがいありません。
子供のころを思い返すと、たしかに弟とともに父もファミコンを楽しんでいたなぁと懐かしくなりました。

そして、ゴールデンウィーク最終日に弟とともに東京に帰るときは、父は「もう売っていないのか」ととても寂しそうでした。
できれば父の日にプレゼントをしたいと思ったのですが、既に生産中止なのですね。
任天堂さん、ぜひミニファミコンを再生産して下さい。
ミニファミコンは、子供時代にファミコンを楽しんだアラサー、アラフォー世代だけではなく、その子供の親世代の高齢世代も楽しめるゲームなんです。http://xn--t8j4aa4nuk4gua6948f74xa.biz/